晴れときどき金融

私がはじめてキャッシングサービスを利用したのは、社会人になってすぐのことでした。私は初任給が少なかったこともあり、一人暮らしをしていたこともあって、家賃を送れずに支払うことができるように、食費や光熱費などを切り詰めた生活を送っていました。

 

そのような中、大学時代に仲良くしていた友人の結婚が決まりました。私にとって大切な友人であったため何としてでも結婚披露宴には参加しなければならないと思いましたが、給料日までまだ日にちがあったことからお金を工面する必要が生じました。

 

まずは、両親にお金を貸してもらおうかと考えたのですが、これからもこのような機会のたびにお金を貸してくれというのは恥ずかしかったこともあって、あまり乗り気がしなかったのですが、当時週刊誌などで広告を掲載していた消費者金融からお金を借りることにしました。

 

当時の消費者金融は現在よりも利息が高かったのですが、審査もその分緩かったこともあって、簡単に借り入れをすることができました。そして、そのお金を友人のご祝儀代に充てることができました。私はムダ使いを一切しない性格であったこともあって、必ず次の給料が入ったら一括で返済しようと決めており、実際にその通りに返済を行うことができました。

 

この時、消費者金融の使い方を誤らなければいざと言う時に非常に役に立つなといったことを感じました。私はそれから長く社会人生活を続けており、年収もそこそこになってきたこともあって、現在は主として銀行のカードローンサービスを利用するようになりましたが、大手の消費者金融のキャンペーンなどで、はじめてキャッシングを利用する人は無利息で融資を行っているという広告を目にすると、試しに少額の利用をしてみようかなという気持ちになることが良くあります。

 

私は消費者金融を非常に便利な存在だと思っており、これからも手持ちのお金が少し足りないといった場合には利用してみようと思っています。

 

おまとめローン まず通る審査をチェックナビ

続きを読む≫ 2014/04/12 11:26:12

キャッシングを利用した事はあるでしょうか。計画的に金銭管理をしていても、急にお金が必要になる事があります。そんな時、キャッシングに登録しておけばATMからお金を借りる事ができます。キャッシングを行なっているのは消費者金融、信販会社、銀行などです。

 

利用を開始するには審査に通らなければなりませんが、審査の厳しさは一般に銀行が最も厳しく、次いで信販会社、消費者金融の順になっています。また返済には金利が掛かりますが、金利は消費者金融が最も高く、次いで信販会社、銀行の順になっています。

 

つまり、銀行は審査は厳しいものの金利は安く、消費者金融は審査は通りやすいものの金利が高い、という事が言えます。銀行については銀行系と呼ばれるキャッシングもあります。銀行系は銀行が出資している金融会社の事で、利用者への貸し付けも銀行ではなく銀行系の会社が行ないます。大きな違いは貸金業法における総量規制の対象になるかどうかです。

 

総量規制とは、個人の借り入れ額が年収の3分の1までに制限される仕組みの事です。銀行は総量規制の対象外ですが、銀行系は総量規制の対象になっています。したがって、借り入れ額については銀行のほうが融通が利くと言えますが、審査も相応に厳しくなります。銀行系のほうも審査がありますが、銀行ほど厳しくはありません。

 

アルバイトなども含めて、大抵の場合定収があればOKですし、持ち家だったり分譲マンションに住んでいればなお問題はありません。銀行系は銀行と同じように金利が安いのも特徴です。返済する際に支払う利息は、借り入れ額×借り入れ利率÷365(日)×借り入れ日数で求められます。例えば借り入れ額20万円、借り入れ利率10%を固定して、借り入れ日数が30日の場合、支払う利息は約1,643円となります。

 

借り入れ日数が90日の場合、支払う利息は約4,931円となります。このように、早く返せば返すほど支払う利息を安く抑える事ができるという仕組みになっています。

 

キャッシング審査の比較ラッコ

続きを読む≫ 2014/04/12 11:26:12

キャッシングサービスは多くの金融業者が提供しているサービスですが、その主な比較点として審査の通りやすさと金利の違いを挙げることができます。審査とは、このサービスを利用するにあたってまず最初に受けなければいけないものであり、そもそもこの審査に通過しなければ、サービスの利用ができないものとなっています。

 

一方の金利とは、サービスを利用して借入れた現金の返済に掛かる費用であり、たとえば100万円を5パーセントの金利で借入れた際には、最小で総額105万円の返済をする必要があるものとなっています。実際には分割して返済するのが一般的であるため、金利と並列して表記されているケースが多い、実質年率といった数値をよく見たほうがいいものであり、この実質年率の数値は、金利として表記されている数値よりも大きくなるのが一般的です。

 

金利に関しては、法定金利の範囲内であれば各業者が任意の数値を設定できるものとなっており、また同一の業者のサービスを利用する際にも、金額によって数値が変わってくることがままるものとなっているため、借り入れを希望する金額帯で少しでも表記上の金利の低い業者を選んだ方が、よりお得にサービスを利用できるようになるということができるのです。

 

この審査の基準と金利の数値には多いに関係性があり、金利が低い業者のサービスを利用するためには厳しい審査基準が設けられた審査をパスしなければいけないケースが大半である一方、法定金利の上限に近いような金利でサービスを提供している業者のサービスであれば、審査の基準が甘いものになっていると言うことができます。

 

申し込みをする各個人の属性を考慮した上で、それぞれのバランスが取れた業者を利用するのがオススメとなっているのです。こういった比較点は、キャッシングサービスを提供している業者のランク付けがされたサイトなどで比較検討しやすい形で表記されているケースが多いため、サービス利用の前提として調べる際にそういったサイトを活用するといいでしょう。

 

来店不要 即日融資

続きを読む≫ 2014/04/12 11:26:12

働いていると、お金を使う機会が多々あります。特に、学生時代はお金が無かった場合はアルバイトをしてその範囲で過ごしていましたが、社会人になると飲み会や旅行や趣味などをするとお金がかかります。収入の違いもありますが、少しでも動けばお金を使ってしまう事が多いです。また、社会人になったことを機に一人暮らしを始める方もいます。

 

一人暮らしを始めると、最初の間はどうしても節約が難しいです。何か月か生活をして慣れてきた段階で節約などが出来てきます。毎月しっかりと貯金が出来ればいいのですが、上手くはいかない事もあります。また、収入が少なければ毎月ギリギリで生活することもあります。

 

そのような時に大きな出費などがあると非常に大変です。大きな出費はいきなり来ることもありますので、出来る限り準備は大切ですが準備が出来ない場合は、キャッシングを利用することも一つの方法です。しかし、お金がないからと言って近くの消費者金融に行って審査の申し込みをしてはいけないです。審査が厳しい所もありますし、審査が通っても実際は金利が高かったなんてこともあります。

 

キャッシングをする前には、しっかりと比較をすることが重要になってきます。ただ、自分が店舗に行って話して比較をするのでは効率が悪いです。また、営業の方は勧めてきますのでなかなか断れないという事もあり、納得していなくても申し込みをしなければならないなんて事も考えられます。そのような事にならない為に、借りると決めたら事前にインターネットで調べる事は重要になります。

 

特に、重要となるのが金利の部分です。金利は借りる金額によっても変わってきますし、消費者金融や銀行によっても様々なので色々な業者の金利を見ておく必要があります。自宅に近い、消費者金融や銀行についてのキャッシングの金利は比較して一番安い所で申し込みをする事は大切になります。また、借りる時には最低限の金額だけを借りるようにする事が大切になります。

 

キャッシング プライム サーチ/|

続きを読む≫ 2014/04/12 11:26:12

キャッシングの利息計算方式は1日ごとに計算されます。この融資の方法では利用した日数分の利息だけ支払えばよいということになっています。このような利息の計算方式のことを日数計算といいます。金融会社のサイトには年率18パーセントなどの表示がされていますが、この年率は、1年間にわたってキャッシングを利用したときにつく利息のことを示しています。

 

したがって、年率18パーセントで1か月以内や1週間程度借り入れをした場合、年率18パーセントに借り入れた金額をかけた数字を365日で割って一日あたりの利息を計算し、それを日数分足した金額が利息となります。短期間で借り入れをするキャッシングをするときは、利息を日数計算している金融会社に融資を申し込むと支払う利息を減らすことができます。

 

また、キャッシングの返済日までのサイクルは30日周期ではなく、35日周期になっている場合があります。返済日までのサイクルが30日周期の金融会社もありますが、35日周期の会社も多いです。こういったサイクルになっているのは、25日が給料日の職場に勤めている人が確実に返済ができるように配慮しているからです。

 

25日に給料がおりる人が30日周期で25日が返済期日のキャッシングを利用していると、どうしても返済が間に合わなくなってしまいます。しかし、35日周期で返済する融資であれば、その次の給料日まで返済を延ばすことができ、確実に返済を続けていくことができます。

 

また、金融会社の融資の返済期日が35日周期になっているもう一つの理由として、30日周期にしてしまうと返済期日当日に店舗が返済を希望する人たちで混み合ってしまうからというものがあります。

 

店舗が込みすぎると返済の受付の業務に支障がでてしまうため、金融会社にとっては35日周期の返済のほうが都合がよいのです。また、35日周期の返済期日となっているのは、仕事の都合で土日にしか店舗に返済に凝られないという人がいるためです。

 

プロミス審査申込み前の最終チェック項目

続きを読む≫ 2014/04/12 11:26:12